読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutty通信

将棋と音楽と酒があれば人生はだいたい楽しい

黒沢健一さんありがとうと、秀樹さんのライブ最高でしたの話

皆様お久しぶりです。1年以上ぶりのyutty通信更新です。

将棋の話題ばかりだったyutty通信ですが、今日は音楽の話題です。

 

※本当は更新しない間にも、yutty通信が応援する藤井九段が、銀河戦優勝する等、素晴らしいニュースが沢山あったのですが、それはまた別のお話(それも記事にすべきだったなあ、筆不精を反省)。

 

このブログでは初めて書きますが、実はyuttyには子供の頃から応援していた、ミュージシャンがいます。L⇔Rです。

まさに音楽の原点です。本当に素晴らしいバンドでした。

そのリードボーカル黒沢健一さんが、すごく残念ながら12/5に48歳という若さで逝去されたのです。

毎日、黒沢健一さんやL⇔Rの映像見て、音楽聞いて、信じられない気持ちでいました。

www.asahi.com

 

その後、弟の黒沢秀樹さんは悲しみの中、12月23日のライブへ出演することを決めて下さったのです(ファンには、既にこの写真がたまらん)。

ameblo.jp

 

この記事を読んで、即チケットを購入し、ライブへ行きました。

ライブに行けなかった、同じファンのために、その模様を記事にしようと思います。

 

12/23のライブと言えば、世の中はAIR JAM真っ盛りでしたが、自分にとってのライブは新代田の黒沢秀樹さん(L⇔R)だったわけです。

f:id:yutty_y:20161226010911j:plain

 

兄の黒沢健一さん(L⇔R)が、12/5に逝去するという悲しみの中、石田ショーキチさん(元Spiral Life)と共に、素晴らしい演奏を披露いただきました。

田舎町の子供時代、周りにファン仲間もおらず、ひとりL⇔Rを応援していた自分には、大人になって、東京で、泣いたり笑ったりする他の多くのファンと一緒にライブが観れたことが、とても嬉しい時間でした。

 

このライブ行かないと、一生後悔すると思って、本当に行ってよかった。

これからはもっと会いたい人に会って、行きたい場所に行って、というのを後回しにせず生きていかないとな、と思う次第です。

 

あとは個人的にたまらなかったエピソードを、自分が忘れないように。

ファンの皆様にとっても、見ていただくと嬉しい話が多いかと思います。

 

・秀樹さんの「俺はミュージシャンだから、皆を楽しませたり泣かせたりしなきゃいけない。そこから逃げちゃいけない。そう思わせてくれたショーキチありがとう。」って良いMCだったなあ。

 

・秀樹さんが当日着ていたシャツは、健一さんのクローゼットから頂いてきたものだった。とても似合っていたし、ファンとしてはたまらない感情になった。

 

L⇔Rの名曲をたくさん演奏してくれてうれしかった。周りの女性ファンは泣いてたぞ。

「恋のタンブリング・ダウン」、「HELLO, IT’S ME」、「BYE BYE POPSICLE」、「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」って選曲が素晴らしすぎた。

 

・一番面白かったショーキチさんのMCは、健一さんのエピソードが聞けてたまらなかった。

『いまから演るコスモゼロは、永遠の魂って重いテーマで作った曲なのに、健一がすごくポップに歌うから、俺のマネしてよって歌ってみせたら「あ、それいい。ショーキチ歌って。」と健一に言われ、ボーカル変更になった曲。健一に歌わせるからいいやと、難しい曲作ったのに、自分が歌うってブーメランになって大変だった。』

 

・最後に物販で、間違って持っているCDも買ってしまった。でも秀樹さんは「今日はいつもよりたくさんCD持ってきたよ!持っているのを買ってもいいんだよ!」と言っていたし、いいか!

 

・秀樹さんは「音楽は作品となって残るのが素晴らしいと思っている。兄の残した作品も、これからまた皆がカラオケで歌ったりしてくれたら、黒沢家が潤うし、レコード会社の人も黒沢さん居てくれて良かったって言ってくれるかもしれない。」と冗談まじりに話されていた。カラオケ歌いまくります!

 

素晴らしいライブをしてくれた、黒沢秀樹さん、石田ショーキチさん、本当にありがとうございました。

 

f:id:yutty_y:20161226011044j:plain

f:id:yutty_y:20161226011331j:plain

 

【速報】▲藤井九段-△戸部六段戦 〜第65期王将戦一次予選〜

 

(※注意)勝敗結果が分かります

 

第65期王将戦の一次予選ですが、第6ブロック準決勝に藤井九段の登場です。

yutty通信が応援する藤井九段と、同じく振り飛車党の戸部六段が対戦しました。

 

過去の対戦成績は相振り飛車が2回で、戸部六段の2勝0敗。

藤井九段の初勝利を願うところです!

 

5/11日(月)の対局ですが、終局後に棋譜を確認したところ、凄まじい攻防の力戦振り飛車でした。

藤井九段の四間飛車に対して、戸部六段が三間飛車に振り、わずか5手目で前例の無い形に突入しました。

 

棋譜は将棋連盟モバイルの中継で見れますので、是非どうぞ。

(有料版の内容なので、ここでの棋譜公開は控えます。ごめんなさい。)

 

というわけで、肝心の結果ですが、、、

 

 

 

藤井九段の勝利です!!

これで一次予選6ブロックの決勝進出となりました!素晴らしい!!

 

力戦から激しい攻め合いで、詰めろ逃れの詰めろがめまぐるしく続く終盤戦を藤井九段が制しました。

 

いや〜うれしいものです。

戸部六段のツイートからも対局の雰囲気が伝わってきます(ちなみに正しくは△9九角です)。

 

 

藤井九段にはぜひタイトル挑戦してほしいので、このまま予選ブロック決勝も頑張ってほしいところです。

ではでは今回はこのへんで!

お疲れ様でした 〜熊坂学五段引退〜

我らが「クマー」の愛称で親しまれた熊坂学五段。

残念ながら5月7日に37歳という若さで引退が決定してしまいました。

最後の対局となった対石井四段戦は、モバイル中継で応援していましたが、あと一歩届きませんでした。

熊坂 学五段が引退 | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

 

第30回(2001年度後期)三段リーグにて、前回記事で紹介した大平五段に次ぐ二位となり、プロ四段になった熊坂五段。

なかなか勝てない姿から逆に話題となりネットを中心に人気となりましたが、現行の制度で引退となりうる最短期間の13年1ヶ月で引退となりました。

 

引退がかかった最後の2014年度では、タイトルホルダーの森内竜王(2014年10月当時)に大金星をあげる盛り上がりもあっただけに、残念です。

勝負の世界は厳しいですね。

i2chmeijin.blog.fc2.com

 

引退の夜に野月七段から熊坂五段へねぎらいのツイートがあり、二人のやりとりで温かい気持ちになりました。

下記のブログによくまとめられているので、ぜひ見ていただければと思います。 

shogi1.com

  

そして引退後ツイートのいさぎよさが素敵です。

これからも仙台の将棋教室は続けるでしょうから、頑張ってほしいものです。

 

いち将棋ファンとして、熊坂五段には本当にお疲れ様でした、という気持ちです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

面白い新刊で頭を使った話 〜ネット将棋攻略!早指しの極意〜

こんばんは。yuttyです。

この記事は深夜2時過ぎに書き始めています。

 

こんな時間に将棋の新刊を読んで問題を解き、解説に誤りがあると思ったのでWeb問合せまでしようとしたが、よーく考えると誤りじゃないことが分かった、というお話です。

せっかく頭を振り絞ったので、ここに紹介しようと思います。

 

ちなみに読んでいる本は大平武洋五段の「ネット将棋攻略!早指しの極意」です(私はKindle版)。

 

大平五段は2005年に解散したバンドZONEのMAIKOの大ファンで、ZONEの解散ライブと対局日がかぶってしまったため、解散ライブへ行くために全ての手を1手1分未満で指し、持ち時間を1分も使わずに勝利したという、異色のエピソードを持つ先生です。

(自らの持ち時間を1分も使わずに勝利したのは、史上3人目の快挙でした)

 

私は将棋ウォーズで3分切れ負けを多く指すので、早指しで負けない将棋を指したい!と思い、読んでいました。

book.mynavi.jp

 

頭を使ったのは下記の問題です。

いま第1図は後手が△5八とで、次に△3九角(参考図)からの詰めろをかけた瞬間です。

(注意)以後、9一から6五まで密集している駒は無視して下さい。

 

【第1図は△5八とまで】

 

【参考図は△3九角まで】

 

問題は後手からの詰めろを防ぎ、そして続かないようにするにはどの手を指すか、という内容です。

候補手は▲3九金打、▲2九金、▲5九金打 の三つ。

正解は一つだけで残り二つには負け筋があります。

 

このブログでは、正解の一手だけ私が頭を使った部分を中心にご紹介します。

(正解以外の二手が気になる方は書籍をご覧下さいね)

 

 

 

 

 

・・・・・(考え中)・・・・・

 

 

 

 

 

というわけで、ずばり正解は▲2九金(第2図)です!

みなさん正解したでしょうか?

 

【第2図は▲2九金まで】

 

この正解に対する解説文で、私は頭を悩ませました。

解説では▲2九金と打てば「△4九とは何でもないし」と書かれた箇所がありました。

第3図は正解の▲2九金に対して△4九ととした局面です。

私にはこれが何でもないように見えず、悩んでしまったのです。

 

【第3図は△4九とまで】

 

実際これを放置すると、△3九角(第4図)から詰めろが続いて受けなしになります。

▲同金は△同と(第5図)が△3八とからの詰めろですし、これには適当な受けがありません(▲2九角、▲2九銀、▲1八玉など全てダメ)。

だからと言って第4図から▲1八玉としても、△2八金▲同金△同角成▲同玉(第6図)となり、次に△3九ととすれば、第5図と似たようなもの(持ち駒から金が1枚減っただけ)で詰めろが止まりません。

 

【第4図は△3九角まで】

 

【第5図は△3九同とまで】

 

【第6図は▲2八同玉まで】 

 

以上より解説の「△4九とは何でもないし」というのは誤りで、何でもなくないから▲2九金も不正解なのでは?と頭を悩ませたわけです。

 

しかしよく考えたら対処策がありました。

第2図の△4九とに対しては▲1八玉(第7図)としておけば、詰めろが続かなくなるわけです。 

ここから後手が王手するには△2八金くらいしかありませんが、▲同金で今度こそ何でもありません(▲同玉は△3九角があるからダメですよ!)。

 

【第7図は▲1八玉まで】

 

つまり解説にある「△4九とは何でもないし」は、もっと正確に言えば「△4九とは▲1八玉として何でもないし」なのです。

△4九とをそのまま放置すれば、次の△3九角がまずいので注意が必要です。

ただ”何でもないし”という言葉をそのまま飲み込み、放置しても大丈夫と思っていると、それは違うというわけです。

 

今回の内容は、ブログ読者の皆さんも結果を読んでしまえばなーんだと感じるでしょうし、私の棋力が低いだけで、例えばアマ高段者の方から見れば「△4九とは何でもないし」で十分理解できる話だと思います。

しかし、自分で納得するまで頭を使っていることが棋力向上に大事なのだと考えています。

 

棋力がまだまだのうちは、将棋の本を読む際は(詰将棋を除いて)、字面をながめるだけでなく将棋盤で駒を動かしながら考えるのが良いと思います。

1つ1つをしっかり納得しながら、なぜそうなるのか自分で腑に落ちるまで考えると、着実に力になるでしょう。

 

壁にぶつかって時間がかかることもありますが、yutty通信の久々な更新ネタにもなったことだし、結果オーライです(笑)

 

そんなこんなで引き続きこの本は読み進めます。

早指し将棋に強くなるべし!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

素晴らしき開幕局!▲藤井猛九段-△高橋道雄九段 〜第65回NHK杯1回戦第1局〜

4月となりNHK杯テレビ将棋トーナメントもまた新年度がやってきました。

しかも開幕局は我らが藤井猛九段!!!!!

(注)yuttyは藤井猛九段の大ファンです

 

今日は注目の素晴らしいカードで開幕しましたね。

相手は高橋道雄九段。対戦成績は8勝9敗で、1つだけ負け越しの藤井先生。

今回は勝って欲しいと思い、熱烈な応援をしました。

 

角交換四間飛車かと思いきや、藤井システムの出だし!

最高の将棋でした。ぜひ棋譜をご覧下さい。

 

www.nicovideo.jp

 

飛車交換をして、後手の△7六歩に▲同銀ではなく▲8五桂と飛び、相手にと金を作らせはしますが、▲5六銀から前進していったのが、駒も捌けて何とも気持ち良い手順。

さらに▲1五歩からの端攻めは解説の森内NHK杯もいい手だと絶賛し、感想戦では高橋九段もあの端攻めに困ったと仰っていました。

 

そして▲1二歩から相手の香車を吊り上げ、▲1一飛車(第1図)と打ち込んだ攻めは大変参考となり、本当に四間飛車お手本のような一局となりました。

(第1図は▲1一飛まで)

 

現代将棋の振り飛車は角交換系がメインとなっていますが、少し懐かしいノーマル四間飛車を指しこなす藤井猛九段が見れるという、最高の一番となりました!

第1図以降も華麗な差し回しから居飛車を翻弄し、見事に振り飛車勝利となりました。

本当にノーマル四間飛車らしい、固い美濃囲いで相手の攻めを受け、カウンターで華麗に決めるという美しい将棋でした。

 

投了図を見ても分かる通り先手完勝で、振り飛車党で藤井先生ファンのyuttyとしては、非常に嬉しい開幕戦となりました。

(投了図は▲4二金まで)

 

2ch名人を見ても大変盛り上がっています。

藤井先生人気が分かりますね。

i2chmeijin.blog.fc2.com

 

昨年度は残念ながら、順位戦でB2に降級した藤井先生ですが、今年度のB1昇級および多くの大会での活躍を願い、見守っていこうと思います!!

 

yutty通信は藤井猛九段を応援します^^

将棋ウォーズ囲いコンプへの道(無敵囲い〜金美濃〜木村美濃)

 

みんな大好き将棋ウォーズ!

その魅力の1つには派手なエフェクトがあると思います。

対局を音楽と声優のかけ声が盛り上げますね。

 

囲い、戦法、手筋、特殊と色々なエフェクトがありますが、コンプリートしたいという人も多いと思います。

私もその1人で、まずは最もお手軽と思われる囲いのコンプリートを目指しています。

 

ちなみに囲いだけでも、全部で42種類あります。

matome.naver.jp

 

私がいまゲットしているのは14種類。振り飛車党なので使う囲いが限られています。

今日はうれしいことに、これまでゲットしていなかった、無敵囲い・金美濃・木村美濃を1度の対局でまとめてかっさらいました!

そのコツをご紹介したいと思います。

 

■無敵囲いって?

将棋ウォーズの紹介文によると、

「初期配置から3手で組める、金銀4枚に加えて飛車も守りについた何とも豪華な囲い。これで無敵ならいいんだけれども。」

とあります。

これで無敵なら、という言葉からも分かるように、いかにも初心者の囲いという感じで上級者はまずこんな指し方をしないし、いかにも勝ちにくそうな駒組みです。

f:id:yutty_y:20150320225050j:plain

でも将棋ウォーズは勝たないとゲットしたアイコンがカラーにならないわけですね(負けると白黒)。

 

■勝ちやすい指し方は?

まずは一目散に無敵囲いを作り、その後金美濃から木村美濃に組み替えると、なかなか勝負できる形になるのでオススメです。

今日私が指したホヤホヤの棋譜でその手順をご紹介します。

 

  • 初手からの指し手

▲5八飛△8四歩▲6八銀△4二玉▲4八銀(第1図)

 

初手から中飛車に振り、一目散に無敵囲いまで進めてテーマ図です。

無敵囲いはたった3手の囲いなので、ここまでは誰でもできると思います。

 

(第1図は▲4八銀まで

  • 第1図からの指し手

△6二銀▲7八金△5一玉▲3八金△3四歩▲4九玉△5四歩▲5六歩△4二銀▲3九玉△5三銀▲2八玉(第2図)

 

途中△5一玉と明らかな手損が指されていますが、相手がかなり弱い(4級)コンピュータだったからだと思います。

何はともあれ居玉を避けて、左右の金を上げてから玉を移動し、金美濃の完成です。

 

第2図は▲2八玉まで

  • 第2図からの指し手

△8五歩▲4六歩△1四歩▲1六歩△9四歩▲4七銀(第3図)

 

ここまで来ればあとは▲4六歩と▲4七銀で木村美濃です。

途中▲1六歩としていますが、これは相手が端歩を突いたのを受けた手で、ここが突いていなくても木村美濃は完成となります。

 

第3図は4七銀まで 

 

第1図と比べると、無敵囲いよりもかなり本格的に戦える布陣に整ったことが分かると思います。

これなら良い勝負に持ち込めそうですね。

実際この後は左銀を前に繰り出して攻め、勝つことができました。

しかも無敵囲い・金美濃・木村美濃と3つの囲いをまとめてゲットできました!

 

■最後に 

やはりエフェクトはゲットするだけじゃダメで、その後勝ちまで持ち込まないといけないのが苦労するところだと思います(カラーアイコンがほしいですよね)。

優秀な囲いなら良いですが、無敵囲いのようにそれだけでは頼りない囲いの場合は、今回のような組替手順が有効でしょう。

同じく囲いコンプを目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

これからコンプのためには、振り飛車党とはいえ、居飛車にも手を出さないといけません。

あまりやらない苦手戦法でも勝つ必要があるということで、囲いコンプをすると将棋の幅も広がりそうですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

コンピュータと人類のアツイ戦い - 電王戦FINAL

私の趣味の1つである将棋。

知らない人には地味なイメージがあるかもしれませんが、なかなか面白いのです。

yutty通信でも将棋の魅力を少しずつ伝えていきたいと思います。

 

そこで最近ホットなお祭りをご紹介。

つい最近の3月14日(土)に開催され、5週連続で土曜日に完全生中継されるイベント。

その名も電王戦FINALです!

 

ex.nicovideo.jp

 

■電王戦って何?

電王戦は人間のプロ棋士(将棋指し)とコンピュータ将棋ソフトの戦いです。

これまで3回行われていて、第1回は1対1の戦い、第2回からは5対5で行う団体戦となっています。

ニコニコ動画ドワンゴが主催者で、対戦もニコニコ動画で観戦できます。

これまでの対戦結果は、、、

 ・第1回電王戦(2012年):コンピュータの勝ち

 ・第2回電王戦(2013年);人間1勝、コンピュータ3勝、引き分け1

 ・第3回電王戦(2014年):人間1勝、コンピュータ4勝

ということで、人間が大きく負け越してしまっているのです。

この結果を受け、日本将棋連盟が今回を最後にしてくれ、最強メンバーを揃える、と決意して行われるのが電王戦FINALなのです。

 

■見どころは?

コンピュータに負けられないという、プロ棋士のプライドを賭けたドラマです。

面白いキャラばかりのプロ棋士解説者や、聞き手のかわいらしい女流棋士も対戦を盛り上げてくれます。

また対戦場所も魅力的で、先日の第1局は世界遺産である京都・二条城の普段は非公開となっている建物内で行われました。

コンピュータ将棋の歴史は1980年前後からで、当初はとてもプロ棋士にかなうようなレベルではなかったようです。

しかし歴史は進歩し、人間のプロとも互角以上に渡り合う強さになったわけです。

 

■FINALは人間が勝てそうなの?

私は正直厳しいと思いつつも、やはり人間に期待している、1勝できればうれしい、2勝できればバンバンザイ、くらいの感覚でした。

しかし先日行われた第1局 斎藤慎太郎五段 vs 「Apery」では、プロ棋士の斎藤五段が終始ペースを握り、見事勝利しました!

これは幸先良いスタートです。

もちろん来週からも注目ですし、電王戦FINALが終わるまでの毎週土曜は、1日パソコンの前にかじりついて観戦する予定です(笑)

 

皆様も時間があればぜひ見てみて下さい。